夢のかなえ方


~会社はやめずにフラワーデザイナー
という生き方を始める~


アラフォーからの
好きを仕事に変えるお花の教室
一華房@東村山萩山小平

プリザーブドフラワーのネット販売
アドバイザー  きなけいこ です。

 

12月4日の日曜日は私がビジネスに
ついて学んでいる


おけいこ先生のビジネス学校
毎月定例の


グループコンサルティングが
ありました。


 

 

skypeを通じて、北は北海道、南は
熊本


海を飛び越えてオランダからも参加の
メンバーさんが!


 

 

私も東京以外に教室の生徒さんが
おりますが、


skypeがあれば国内各地からの
受講はおろか、
海外だって関係ない。


改めてインターネットの力を感じずには
いられませんでした。


img_6189

 

今月のテーマは夢や志に向かい、
どう行動を続けていくか、がテーマ
でした。


 


毎日忙しい私たちは、目先の用事に
気を取られ


自分の未来に対する目標をもつことや
その目標への行動を後回しにしてしまい
がち。


 

また、そうやっていると大きな目標・
ゴールを明確に定められないので


いざ何かやろうと思っても
強い意志、やる気、モチベーション
を維持しにくく


結局目的にたどり着けないまま
終わってしまう。


 

それを避け、

きっちりとゴールに向かって行動し
続けるためにはどうあるべきか


未来の生徒さんと出会うために、
何をすべきか、


 

それぞれ考え、ディスカッションを
行いました。


 

 

すごくわかりやすく例えると
「今日は定時で帰ろう!」


と朝思った時、その日の仕事をどう
こなしていくか考えるとします。


 

とりあえず積んである仕事を順番に
やっていきますか?


それとも、最初に全体に目を通し、
今日絶対にやらないといけない仕事と
明日でも良い仕事に仕分けますか?


 

積んである仕事を来たまま順番に
やっていったら、
定時に終わらないかもしれません。


 

残業になっても特に用事もないし
困らないからまあいいや、なら
それでもいいかもしれませんが


大事な大事な約束があったら?

 

必死に定時で仕事をすっきり終わら
せる仕事の方法を考えませんか?


 

 

何かの到達点に向かうために必要な
ことは、まずは時間の上手な使い方。


そして意思を通し続けるための強い
理由。


私はお花の仕事がしたいという方には
計画的な時間のコントロールを意識
してほしいな、と思います。


 

 

半年後の母の日。
1年後のクリスマス。


その時を迎える時、
あなたはどうなっていたいのか。


なりたい自分になっているためには、

いつ、何をしている必要があるのか。


母の日には資格を持ち自分でアレンジ
を作る、販売する。
母の日レッスンをする。


 

といったことを目標にするとしたら
3月の試験を受験するのが望ましい。


3月に試験に臨むとしたら、いつから
レッスンを受けるべき?


 

そうやって、逆算をしていって
ください。


今やることが見えてくるはずです。

 

Keiko Kina



バナーを作成

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        【週末/夜間クラス有り】   

アラフォーからの「好き」を仕事にするお花の教室
         一華房(IKKABO)

お問い合わせ・ご予約・ご注文はこちら よりお願いします

ギャラリー 10:30-19:30
教室     10:30-22:00(最終受付20:00) 要予約

 土日祝日、夜間もフリータイム(予約制)レッスンが受けられる
 専用サロンで、忙しいママやお勤めの方も安心☆

 詳しくはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ

ブーケ2新設・プリザーブドフラワー開業講座
  ブーケ2体験レッスン
  ブーケ2トライアル3回コース
  ブーケ2 資格取得コース
   (ただいま3月試験生募集中/ビジネスサポート制度あり)
  ブーケ2FEJ技能検定コース
  ブーケ2FEJ販売コース
  ブーケ2FEJ仏花コース
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリック応援お願い致します

  • オンラインショップ
  • ギャラリー
  • ブログ

プリザーブドフラワーって何?

生花を特殊な方法で枯れないように保存可能したプリザーブドフラワー。
お部屋のインテリアから贈り物、ウェディングのほか、最近は水やりなどの手入れが不要・虫がつかないないなどの理由から、お見舞いやお仏壇用のお花としても人気が高まっています。

Kina Keiko

Kina Keiko

会社や組織、時間や場所に縛られることなく、自活力を持ち自分の軸で生きたい。
人に喜ばれ貢献できる花でそんな生き方ができたら。生涯のライフワークとして花の仕事を続けられたら。
アラフォー女性が「好きを仕事に」して、仲間とともにいきいきと生きるための環境作りが、私の使命です。