プリザーブドフラワーの魅力


プリザーブドフラワーとは プリザーブドフラワーは、水やりやお手入れの必要のない、枯れることのない本物のお花。生花を特殊な保存液につけることで、
生花のようなみずみずしさを保ったまま何年も楽しむことができます。また、染料を吸わせるので、生花にはないような色も楽しめます。

また、生花のように枯れたりしおれたりしないので、忙しい時でも毎日少しずつでもアレンジ制作が楽しめるのが魅力です。
プリザーブドフラワーは通常花首から上の状態で販売されており、茎の代わりにワイヤを使用します
。そのためお花の向きなどを自由にアレンジすることができ、それに加えて軽量なため、花嫁様のブーケなどにも人気があります。
水やりが不要、虫がつかないなどの理由から、お見舞いやお仏壇用のお花としても最近需要が高まっています。

お部屋のインテリア、ちょっとした贈り物からウェディング・メモリアルまで、人生の様々なシーンで花と私たちはつながっています。
カラフルで自由なプリザーブドフラワーで、あなたも自分のイメージでお花を楽しんでみませんか?

  • オンラインショップ
  • ギャラリー
  • ブログ
  • プリザーブドフラワーって何?

    生花を特殊な方法で枯れないように保存可能したプリザーブドフラワー。
    お部屋のインテリアから贈り物、ウェディングのほか、最近は水やりなどの手入れが不要・虫がつかないないなどの理由から、お見舞いやお仏壇用のお花としても人気が高まっています。

    Kina Keiko

    Kina Keiko

    会社や組織、時間や場所に縛られることなく、自活力を持ち自分の軸で生きたい。
    人に喜ばれ貢献できる花でそんな生き方ができたら。生涯のライフワークとして花の仕事を続けられたら。
    アラフォー女性が「好きを仕事に」して、仲間とともにいきいきと生きるための環境作りが、私の使命です。