スタッフ紹介


daihyou profileImg

システムエンジニアとして片道1時間40分もの時間をかけて通勤をして
いた私。
生活のため、収入を得るためにはそれも当然と思う毎日でした。

ところがある日、夫の会社が突然倒産。
それまで当たり前にあるものが無くなること・ずっとあるものと信じて
いたものにあっという間に頼れなくなる瞬間があることを知りました。


この出来事は乗り切りましたが、その直後に東日本大震災。

まだ中学生の子供がいるのに、40kmも離れた地にいて家族の元へ
駆けつけることも出来ない私・・・

自分が大切にすべきものは何なのか、心の底から考えるようになった、
大きな2つの出来事でした。


それから、

会社や時間、場所に依存しない、自分の軸で続けることができる
仕事はなんだろうか?

と探し始めます。

そうして出会った、プリザーブドフラワー。


花の贈りものは、贈る人・贈られる人両方に笑顔や幸せをもたらします。
フラワーデザイナーは、その心と心をつなぐ橋渡しをする役割をもって
います。
それだけでなく、双方の間に立つことで、作り手の私までもが幸せを
おすそ分けしていただける!

「こんな幸せな花のしごと、プリザーブドフラワーの仕事がしたい」

と思うようになりました。


それからしばらく、エンジニアの仕事とお花の仕事をWワークでネッ
トショップでのアレンジ販売に携わります。

仕事や家庭の用事、出勤前や帰宅後、休日と、自分の判断でやりくり
しながら好きな時間に取り掛かれるのは、枯れないプリザーブドフラワー
だからこそ。

アレンジしていると気持ちも落ち着き、いいストレス解消にもなりました♪

そうやって兼業で続けてきましたが、あるきっかけで独立を決意します。



私は
人に喜ばれ自分も幸せな気持ちになれる、この素晴らしい花の仕事
をたくさんの女性に知って頂くこと

ライフステージに左右されやすい女性でも、自分らしい働き方で自由
に仕事をし、いきいきと生きることができること

今あるキャリアを捨てなくても、新しいキャリアを育てることが
できること

をお伝えし、

仲間を増やすことでより私たちが働きやすく生きがいのある
世界を作ること

を使命

とし、一華房を主宰しています。

  • オンラインショップ
  • ギャラリー
  • ブログ
  • プリザーブドフラワーって何?

    生花を特殊な方法で枯れないように保存可能したプリザーブドフラワー。
    お部屋のインテリアから贈り物、ウェディングのほか、最近は水やりなどの手入れが不要・虫がつかないないなどの理由から、お見舞いやお仏壇用のお花としても人気が高まっています。

    Kina Keiko

    Kina Keiko

    会社や組織、時間や場所に縛られることなく、自活力を持ち自分の軸で生きたい。
    人に喜ばれ貢献できる花でそんな生き方ができたら。生涯のライフワークとして花の仕事を続けられたら。
    アラフォー女性が「好きを仕事に」して、仲間とともにいきいきと生きるための環境作りが、私の使命です。