私がダブルワークでのネット販売をお薦めする理由


~会社はやめずにフラワーデザイナー
という生き方を始める~

アラフォーからの
好きを仕事に変えるお花の教室
一華房@東村山萩山小平

プリザーブドフラワーのネット販売
アドバイザー  きなけいこ です。

 

私の教室は、お花を通して

生涯ずっと続けられる仕事を手に
入れよう


時間や場所に制限されない、自由な
自活力を手に入れよう


と、資格取得や開業サポートや
ネット販売支援を行っていますが、

 

最初は今のお仕事との兼業・副業、
ダブルワークをおすすめしています。


時々、今すぐにでもお仕事を辞めて
専念したい、
という方もいらっしゃいますが

自由にしなやかに続けていけることが
お花の仕事、ネット販売の魅力。

十分に欲張って人生を楽しんで欲しい
思います。

 

 

それはどうしてか。
理由はいくつかあります。

diploma_glass
 

教室や販売、始めてすぐから生徒さん
が集まる、注文が入る・・・

それはまず、難しい!

 

ほとんどの講師やデザイナーは、
水面の白鳥のように、みんな水面下で
必死になって足を動かして、

ようやく今の状態があるのです。

 

ましてやお仕事辞めての専業だったら
お給料のもらえない個人事業となり

自分が全て。有給も残業手当もない。

休めばすべて自分に返ってくる。

 

専業となって早く軌道に乗せようと
したら、
当面はお勤め時よりもハードな
生活が待っているでしょう。

加えて、最初のころはお金は持ち出し
ばかりです。

仕事を辞めて無収入で支出ばかり
増え、売り上げが経たない・・・

これが続くと、
精神的にかなりきつい。

3年副業でその後専業になった私
でも、そんな時期はあるのです。
最初は慣れたお仕事で安定した収入を
得ながら、


心と充実と経済のゆとりを楽しみ
ながら、徐々に成長していくのが
良いと考えます。

副業のうちに最終的に目指す
あなたのお花との付き合い方を
検討・トライ&エラー。

ゆとりをもって、
本当のゴールを目指しましょう。

 

それに、複数の仕事や目標を持ち 
毎日の時間を上手に管理して
メリハリの有る毎日を送るのは

将来お花の仕事に専念する時にも
ものすごく役に立ちます。

個人でお仕事をする時に、時間管理は
最重要項目のひとつだからです。
残業しないSEで有名だった私。
そして夜はお花の仕事。

Wワーク時の時間管理の方法も、私で
良ければご相談に乗ります(^^)

 

役に立たない経験は、ありません。

今のあなたのお仕事も、将来お花
の仕事をする上で、絶対に武器に
なります。
1度に複数の人生を送っている
ような、パラレルワークで

あなたの魅力をを至る所で
活かして欲しいと思います。


 

Keiko Kina



バナーを作成
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        【週末/夜間クラス有り】   

アラフォーからの「好き」を仕事にするお花の教室
         一華房(IKKABO)

お問い合わせ・ご予約・ご注文はこちら よりお願いします

ギャラリー 10:30-19:30
教室     10:30-22:00(最終受付20:00) 要予約

 土日祝日、夜間もフリータイム(予約制)レッスンが受けられる
 専用サロンで、忙しいママやお勤めの方も安心☆

 詳しくはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ

    ブーケ2新設・プリザーブドフラワー開業講座
  ブーケ2体験レッスン
  ブーケ2トライアル3回コース
  ブーケ2 資格取得コース
   (ただいま3月試験生募集中/ビジネスサポート制度あり)
    ブーケ2FEJ技能検定コース
  ブーケ2FEJ販売コース
  ブーケ2FEJ仏花コース
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。クリック応援お願い致します

  • オンラインショップ
  • ギャラリー
  • ブログ

プリザーブドフラワーって何?

生花を特殊な方法で枯れないように保存可能したプリザーブドフラワー。
お部屋のインテリアから贈り物、ウェディングのほか、最近は水やりなどの手入れが不要・虫がつかないないなどの理由から、お見舞いやお仏壇用のお花としても人気が高まっています。

Kina Keiko

Kina Keiko

会社や組織、時間や場所に縛られることなく、自活力を持ち自分の軸で生きたい。
人に喜ばれ貢献できる花でそんな生き方ができたら。生涯のライフワークとして花の仕事を続けられたら。
アラフォー女性が「好きを仕事に」して、仲間とともにいきいきと生きるための環境作りが、私の使命です。